バストアップに効果的なマッサージの方法

女性なら誰もが憧れるツンと上向きのぷるぷるのバスト。でも、「バストが小さいのは体質だから仕方ない」とか「30代後半なので、バストは垂れてきて当たり前」などと諦めている女性は少なくないのではないでしょうか?

ここでは、誰でも簡単にできるバストマッサージの方法をご紹介します。毎日5分程度続けるだけでバストが大きくなるというマッサージ方法ですので、ぜひ試してみてください!

【バストマッサージの基本】

バストマッサージは、肌のすべりを良くするために、クリームやオイルをつけて行なってください。何もつけないと、すべりが悪いので余計な力が入ってクーパー靭帯にダメージを与えたり、また肌を傷めたりする原因になります。

マッサージに使うクリームは、バストアップ効果のあるクリームなどを使うとさらに効果的です。

バストマッサージにはいろんな方法がありますが、バストは外側から内側へ、そして、下から上へと持ち上げるようにマッサージするのが基本です。また、マッサージは力を入れ過ぎてしまうとクーパー靭帯を傷めてしまう原因になりますので、力を入れずにやさしく行ないましょう!

【大胸筋を刺激するバストマッサージ】

まずは簡単にできる大胸筋を刺激するバストマッサージの方法をお知らせします。

  1. はじめに左のバストの上部に右手を当てます。そして、クルクルとらせんを描きながら内側から外側にあるワキの下のリンパに向かってら指を滑らせます。(10回)
  2. バストの下側から上へ向かってバストを引き上げるようにして手を交互にさすり上げます。(10回)
  3. 左胸のバストの下に手のひらを少し丸めて両手を置きます。そして、指先でバストを下から軽く叩き上げます。(10秒程度)

これを3回程度繰り返します。左胸が終わったら右胸も同様にマッサージします。

【乳腺を刺激するマッサージ】

乳腺を刺激してバストアップをするマッサージ方法です。

  1. まず、左腕のヒジからワキの下に向かって10回程度さすります。
  2. ワキの下にあるリンパ管を揉みほぐします。
  3. ワキの下からバストの下を通ってバストの谷間に向かって撫で上げます。(10回)
  4. 右手を左バストの上部内側(谷間付近)に置き、左手は左バストの下部外側に置きます。右手は内側からワキの下に向かって外側へ、左手はバストの外側から内側に向かって、両手でバストを包み込むようにしてさすります。(10回)

左バストが終わったら、右バストも同じように行ないます。慣れると、ザーッと済ませがちですが、ゆっくりと丁寧に1日2セット位を目安に行なうようにしましょう。

【バストの中央にボリュームをアップさせる簡単マッサージ】

ワキや背中、下などに流れてしまった脂肪を集めてバストアップさせるためのマッサージです。

  1. 両手をクロスさせてそれぞれバストの下部外側に置きます。そして、外側からお肉を集め寄せるような感じで内側(バストの谷間)まで持ってきます。
  2. 両手はクロスさせたまま両バストの下に置き、バストを抱え上げるようにグイッと持ち上げます。

これを、5分程度繰り返します。

【バストマッサージは続けるのが大切】

ここでご紹介したマッサージはどれも簡単な方法ですので、いくつかのマッサージを組み合わせてやってもいいですし、続けられそうなマッサージ方法を1つだけ選んでやるのもいいと思います。

バストマッサージをやっても、最初はなかなか効果が出ないと感じることもあると思いますが、「継続は力なり」です。バストマッサージは、続けていくことで確実にバストに変化を感じることができますから、諦めずに根気よく続けるようにしてください。

また、「必ずバストは大きくなる」と信じてバストマッサージを行なうようにしましょう。信じて行なうのと半信半疑で行なうのでは効果の表われ方が異なってきますので、バストは大きくなると信じて行なうのがオススメです。

関連記事

ページ上部へ戻る