憧れのマシュマロバストの作り方

ふわふわのマシュマロバストは女性なら誰もが憧れるもの。男性の多くも好きなバストの条件に『柔らかさ』を挙げることから、なおさら「マシュマロバストになりたい!」という女子は増えています。

しかし、憧れのマシュマロバストを持っている女性はほんの一握りといいます。女性の多くは、バストの大きさや形、触感に何かしらのコンプレックスを持っているものです。そして、「体質的なものだから仕方がない」と諦めている女性が多いのだそうです。

しかし、バストの大きさや形は、努力次第で変えることができるんですよ!ここでは、実際にやって効果のあったと多くの女性が述べている憧れのマシュマロバストの作り方をまとめてみましたので参考にしてみてください。

【憧れのマシュマロバストとは?】

マシュマロバストとよく言われますが、「具体的にはどんなバスト?」という人のために、まずはマシュマロバストについてお話します。

マシュマロバストとは、マシュマロみたいに柔らかくて弾力のあるバストのことです。

柔らかいだけでなく、『弾力がある』というのがポイントですよ。柔らかいだけなら、垂れたおっぱいも柔らかいですよね。でも、マシュマロバストは、マシュマロみたいに弾力があるので、ぷるんと弾力があってペタッとしないバストです。

また、ふんわりとしたマシュマロバストですから、当然ある程度大きなバストであることが必要です。でも大き過ぎるのではなくCカップからDカップくらいが理想とされています。

ですから、まとめるとマシュマロバストはC~Dカップで柔らかくて弾力のあるバストということです。

【マシュマロバストを作る生活】

マシュマロバストを作るためには、バストを成長させるような生活スタイルを送るのが大切です。まず大事な点としては、睡眠を十分にとることです。睡眠中はバストの成長のカギを握る女性ホルモンの分泌が盛んになります。特に夜22時~夜中の2時の間は一番女性ホルモンが分泌されやすい時間帯とされていますから、その時間にはなるべく休むようにしましょう。

次に気を付けたいのは食事です。スタイルを気にするあまりついつい食事が偏ってしまっている、また、忙しいために外食中心という人はバストに良くない食生活を送っている可能性があります。バストの成長のためには、キャベツや豆、大豆製品など女性ホルモンと似た働きをしてバストアップにつながる食材を積極的に摂ることが必要です。また、バストを作るにはタンパク質も欠かせないので、鶏肉や乳製品など高タンパク質の食材を食べることも必要になります。それで、マシュマロバストを目指すためには食生活の改善も欠かせません。

【マシュマロバストを作るエクササイズやマッサージ】

マシュマロバストを作るには、バストアップやバストの形状を良くするためのエクササイズやマッサージが効果的です。

手軽にできるエクササイズには、大胸筋を鍛える腕立て伏せがあります。腕立て伏せは、ヒザをついて行なうとラクですので、ヒザをついたまま行なうといいですよ。大胸筋を意識して毎日20~30回程度行なうとバストアップにつながります。

マッサージは、バストアップにつながるのはもちろんのこと、また、筋肉質の固いバストで悩んでいるという人がバストを柔らかくするのにも効果的です。いろんなバストマッサージ方法がありますが、簡単にできるのは入浴時に湯船に浸かったまま行なう方法です。湯船に浸かって十分に温まったら、片方のバストを反対側の手で持ち上げて軽く揺らしてください。20回程度が目安です。反対側のバストも同様に揺らします。その後、バストを持ちあげてアンダーバストのラインを下からデコルテに向かってやさしくマッサージしましょう。

このように、バストを育てる生活スタイル、エクササイズ、マッサージを毎日の習慣として行なうことでバストは育てることができます。現役のグラビアアイドルのほとんども、ここに挙げたような方法を意識的に行なうことで、育乳・美乳キープを行なっているといいます。

マシュマロバストは作ることができるので、ぜひマシュマロバストを目指して励みましょうね!

関連記事

ページ上部へ戻る