二の腕の脂肪をバストに集めてバストアップできるって本当?

最近のバストアップマッサージでよく言われるのは、「二の腕についた脂肪をバストに移動させてバストアップさせる」ということです。

でも、「え?そんなことできるの??」と半信半疑の人も少なくないのではないでしょうか?整形手術で二の腕についた脂肪を吸引してバストに入れることはできても、二の腕の脂肪をマッサージでバストに移動させてしまうなんて、そんないい話はないのではと感じてしまうのです。

ここでは、二の腕の脂肪をバストに集めることができるのかという点についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

【二の腕の脂肪をバストに集めることはできる】

二の腕のお肉が気になる女性は少なくありません。カラダの中でも二の腕は脂肪がつきやすい部分ですし、一度腕についた脂肪は少々運動をしてもなかなか取れません。

しかし、脂肪というのは実は流動的なもので、溶けて流れることができるものです。つまり、溶けて移動することが可能なものだということです。実際に、二の腕の脂肪の多くはバストから移動してきたものだという説もあるくらいですから、脂肪というのは本来移動するものだということが分かります。

ただ、脂肪は通常は固まってしまっていますから、その状態から動かすのは不可能です。脂肪を移動させるためには、一度脂肪を溶かしてあげなければいけません。

脂肪を溶かすのに効果的なのがマッサージです。マッサージで血行が良くなると、脂肪も溶けて柔らかくなります。とはいえ、通常、脂肪は溶けてもそのまま放置してしまえば再度固まってしまいます。つまり、二の腕の脂肪を溶かしてもそのまま放置してしまえば、二の腕に脂肪が再度ついてしまうということです。

しかし、バストアップマッサージの場合は、溶かした脂肪をバストに集めて、バストで固めるためのマッサージを行ないます。ですから、二の腕についた脂肪をバストに集めてバストアップをすることが可能ということなんです。

【二の腕の脂肪をバストに集める方法】

では、二の腕の脂肪をバストに集めるプロセスについて解説していきたいと思います。

  1. 二の腕の脂肪を柔らかくする

まずは二の腕についた脂肪をよく揉みほぐして脂肪を柔らかくします。1~2分程度揉みほぐしてください。

2.二の腕の脂肪をバストへと移動させる

柔らかくした二の腕の脂肪を、バストまで移動させるイメージで腕を少し強めにさすり上げます。ヒジからワキの下のリンパを通り、最後はバストの上の部分まで流します。これを、10~20回繰り返します。

3.もう片方の腕も同様に行なう

1~2のプロセスを、もう片方の腕からバストにかけて行ないましょう。1~3までで1セットとし、2セットを目安に行なうのがオススメです。

いかがでしょうか?とてもシンプルな方法なので「これなら、わたしにもできそう!」という人が多いと思います。

ポイントは、柔らかくして移動させやすくした二の腕の脂肪を、柔らかいうちにバストまで移動させるということです。血行が良い状態の時の方が、マッサージによる効果が出やすいので、お風呂上りなどカラダが温まった状態の時にやるのがオススメです。

注意点としては、柔らかくした二の腕の脂肪を必ずバストまで持っていくということです。脂肪がバストまでしっかりと移動できていないと、脂肪が二の腕に残留してしまいますから、二の腕は太いままですし、バストアップ効果も期待できません。それで、必ず最後はバストまでしっかりと脂肪を流すようにしましょう。

続けることで確実に効果が出てくる方法ですので、ぜひ毎日の日課にしてみてください。また、せっかくバストに持ってきた脂肪が再度腕や背中に流れてしまうのを防ぐために、ブラを着用してバストのお肉が流れるのを防止しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る