気になる豊胸手術の種類を徹底解説!

豊胸手術というと、以前はためらう人が多かったようですが、最近では「バストにコンプレックスを持ったままでいるよりはやった方がいい」と、豊胸手術やることを積極的に考える人が増えているといいます。一昔前と比べて豊胸手術の技術が向上したことに加え、豊胸手術の種類も増えてきましたから、自然なバストアップが可能になったというのも人気が高まってきている理由の1つでしょう。

ここでは、気になる豊胸手術の種類について解説していきたいと思います。

【豊胸手術には大きく3種類がある】

美容整形クリニックのホームページを見ていると、いろんな種類の豊胸手術があって、どれがいいのか迷ってしまうという人は多いと思います。豊胸手術にはたくさんの方法があるように見えますが、実際には大きく3種類に分けることが可能です。

1つは、お馴染みのシリコンバッグを挿入する方法で『シリコンバッグ挿入法』とか『人工乳腺法』、『インプラント』などと呼ばれます。そして、自分の脂肪を注入する『脂肪注入豊胸』、プチ豊胸とも呼ばれている『ヒアルロン酸注入豊胸』があります。

では、それぞれの豊胸方法について1つずつ簡単に説明していきたいと思います。

【シリコンバッグ挿入法】

シリコン製のバッグを手術によってバストに挿入する方法です。3つの豊胸手術の中では、一番バストのボリュームを簡単に出すことのできる方法です。バストの大きさや好みなどによって、大胸筋の下にバッグを入れるのか、それとも大胸筋の下を剥離することなく乳腺のすぐ下に入れるのかを選ぶことができます。また、挿入するシリコンバッグの形やボリュームも選ぶことができますから、自分の好みのバストに仕上がりやすいというメリットがありますし、肌に吸収されることがないので効果が持続するというメリットもあります。

デメリットとしては、手術の痛みがあることです。特に、大胸筋下にバッグを入れる場合は、大胸筋下を剥離するために、術後の痛みがしばらく続きます。また、少々不自然な点も見られるために豊胸がバレやすいというデメリットもあります。

【脂肪注入豊胸】

自分のカラダの要らない部分の脂肪をとって、それをバストに注入する豊胸方法です。自分のカラダにある脂肪なので、見た目も違和感がありませんし、触った感じも自然なので日本人には特に受け入れやすい豊胸方法といえます。また、太ももやお尻などについた要らない脂肪を減らせるので部分痩せもできるというメリットがあります。

デメリットとしては、要らない脂肪をとる必要があるので、元々贅肉がないというような人は脂肪注入豊胸をすることができないという点です。また、一度の注入でバストアップさせることができる大きさには限界がありますから、バストをAカップからEカップまで大きくしたいというような場合は、何度かに分けて脂肪注入豊胸を行なう必要があります。

【ヒアルロン酸注入豊胸】

ヒアルロン酸を乳腺下に注入することで、バストアップを可能にする豊胸方法です。メリットとしては、切開する必要がないので3つの豊胸方法の中でも傷が一番小さくて済むという点と、施術時間も20分程度と短くて済むのでカラダへの負担も軽いという点があります。「大掛かりな豊胸手術には抵抗がある」という人でも、ヒアルロン酸注入豊胸ならやってみたいという人が多いようです。

デメリットは、いわゆるプチ豊胸なので、注入されたヒアルロン酸はいずれ体内に吸収されてしまうという点です。そのため、バストアップの持続期間は1~2年程度と短期間になります。また、一度に注入できるヒアルロン酸量にも限りがありますから、希望の大きさのバストに近づくためには何度かにわたって施術をしてもらう必要がある場合もあります。

関連記事

ページ上部へ戻る