正しくつければ2カップUPも可能?ブラの正しいつけ方

毎日つけるブラジャーですが、実は大半の女性はブラのサイズ選びを間違っていたり、間違ったブラのつけ方をしたりしているんだそうです。ブラは間違った方法でつけてしまうと、バストをつぶしてしまったり、垂らしてしまったりしてサイズダウンにつながります。

そこで、ここでは正しいブラのつけ方を伝授したいと思います。「バストが小さい」と悩んでいる人でも、正しい方法でブラをつければ意外と隠れ巨乳だったということもあるかもしれませんよ!

【ブラの正しいつけ方】

正しいブラのつけ方は、次のとおりです。

  1. ブラストラップを肩にかけて、ちょっと前屈みになります。
  2. 前屈みの姿勢のままでブラカップの中にバストを入れていきます。バストを入れたら、姿勢はそのままでブラホックを留めます。
  3. そのままの姿勢で片方のブラのストラップを少し浮かせ、その中に手を入れてバストを下ワキの方から谷間に向かってグイッと寄せます。(ちょっと持ち上げる感じです。)反対側も同じようにワキに逃げたバストを持ち上げてカップの中に入れます。
  4. 上体を起こして、ストラップの長さを調整して終了です。

ポイントは、上体を起こしたままの姿勢だとバストをブラでつぶしやすくなってしまうので、少し前屈みになってブラをつけるということ、そして、ブラをつけた後はしっかりとバストをブラの中に入れ込むということです。

【ブラの間違ったつけ方】

よくありがちなブラのつけ方には次のようなものがあります。もし、心当たるという点があれば、早速改善して正しい方法でブラをつけるようにしましょう。

ブラストラップを短くしている

ブラストラップを長くし過ぎると、バストは垂れてしまいますが、だからといってストラップを短くし過ぎると、肩こりの原因などになります。また、ストラップを短くし過ぎてもバストの垂れの防止にはつながりませんので、注意してくださいね。

アンダーベルトをきつく締めている

アンダーベルトが上に上がるのを防止するためにきつく締める人もいますが、これは血流やリンパの流れを妨げるのでバストの成長も妨げてしまいます。バストのためには、きつ過ぎずゆる過ぎないジャストフィットする部分でホックを留めるようにしましょう。

ブラをつけたら、そのままバストには触れない

前屈みになってブラをつけた後、バストをブラの中に押し込んだりせずそのままという人もいます。これでは、バストをつぶしてしまったり、バストをワキや二の腕、背中に逃がしてしまったりします。ブラをつけた後は、必ずブラの中に手を入れてバストをしっかりとカップに収めましょう。

【ブラのサイズがピッタリ合っているかチェック】

正しい方法でブラをつけたら、ブラのサイズがきちんと合っているかどうか最終チェックを行なうようにしましょう。

カラダを左右にひねったり、腕を上下に動かしたりした後に、ブラのフィット感を確認します。次の中で当てはまる点があれば、ブラのサイズが合っていない可能性が高いです。

・カップの上辺が浮いている→カップサイズが合っていないか、ストラップの長さが長い可能性

・カップの上辺が食い込んでいる→カップサイズが小さいか、ストラップが短すぎる可能性

・ストラップがずり落ちる→ストラップが長過ぎるか、アンダーバストが大きい可能性

・ブラの中心が浮いている→アンダーバストが大きい可能性

・アンダーバストがずれ上がっている→アンダーバストが大きいか、ストラップが短すぎる可能性

・ワイヤーがバストに食い込んでいる→バストのボリュームに対してカップサイズが小さい可能性

 

正しい方法でブラをつけると、バストアップすることが多いため、実際のバストの大きさよりも普段着けていたブラが小さいということも少なくありません。また、バストの大きさは日々変化していますから、購入時にも必ず試着してジャストサイズのブラを購入するようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る