正しく測れば2カップアップも目指せる!?バストの正しい測り方

自分はAカップだと思っていたのに、「下着売り場で測ってもらったら、実はCカップだった!」というようなことって時々聞きますよね。

そう。自分のバストのサイズにピッタリと合ったブラを着けている女性って意外と少ないそうなんです。

大半の人は、自分のサイズより小さいブラや大きいブラなど、間違ったサイズのブラを着けちゃっているみたいですよ。これでは、バストアップどころかバストの形を崩す原因になってしまいます。

ここでは、バストの正しい測り方を伝授しますので、参考にして自分のバストの正しいサイズを確認してみてください。バストを正しく測定してみると、バストサイズが2カップアップということもあるかもしれませんよ♪

 

バストの大きさはどのように決まる?

バストサイズを知るためには、アンダーバストとトップバストの2つのサイズを測ることが必要です。

アンダーバストというのは、胸のふくらみのすぐ下の部分のことです。この部分にメジャーをグルーッと一周させて長さを測ることでサイズを知ることができます。

トップバストは、バストの一番高いところ、つまり乳頭がある位置です。ここの部分をアンダーバストと同様にメジャーを一周させて測ると、トップバストの高さは測定できます。

そして、このアンダーバストとトップバストの差が何cmあるかでカップ数が決まります。アンダーバストとトップバストの差が大きければ大きいほど、カップ数は上がっていきますよ。

さて、このようにしてバストの大きさは決められるのですが、アンダーバストとトップバストの差、つまりカップの大きさを知るためには、バストを正しく測ることがとても大切です。正しく測れていないと、カップの大きさが小さ過ぎたり、また逆に大きかったりして、バストにピッタリとフィットしたブラジャーを選ぶことができないからです。

しかし、残念なことに女性の多くは誤ったバストの測り方をしているために、このカップの大きさが合っていないということが少なくないのが現状なんだそうです。

 

正しいバストの測り方

では、バストの大きさを正確に把握するための正しい測り方について説明したいと思います。

バストを測る際には何も身に着けていない状態の方が正しく測れますので、なるべく素肌に近い状態で測るようにしましょう。

まず、最初に気を付けてほしいのが姿勢です。脚を閉じて、まっすぐに立った姿勢で測ります。この時に肩の力は抜いて、背筋も伸ばしてくださいね。

そして、アンダーバストから測っていきます。アンダーバストは、胸のふくらみのすぐ下の部分を起点にメジャーをピッタリと巻きつけて測定します。この際、メジャーは床に水平になるようしてください。メジャーが斜めになっていると、実際のアンダーバストよりもサイズが大きくなってしまいますから注意しましょう。

その後、トップバストを測りますが、ボリュームのあるバストはどうしても下がり気味になりますから、しっかりと持ち上げて一番高くなった状態で測るようにしましょう。この時、メジャーをギュッと締め付けてしまうとバストが潰れてしまいますので、バストを潰さないようにして乳頭を基準にメジャーを一周巻きつけます。この際もメジャーが床に水平になるように注意してください。

 

バストの測り方のコツ

このようにして、正しいバストサイズは測ることができます。

ただ、自分で測るのは結構難しいと感じる人も少なくないと思います。

特に、トップバストはバストを持ち上げつつ測る必要がありますし、締め付けるわけにもいきませんから、自分で測るのはなかなか大変です。

その場合にオススメなのが、パッドの入っていないブラジャーを付けて測定するという方法です。

そうすれば、ブラジャーでバストの形をある程度整えておいて測ることができますから測りやすいですよ。

でも、本当に正確にバストの大きさを測りたいと思ったら、下着メーカーの売り場で店員さんに測ってもらうのが確実でオススメです。少々恥ずかしいと感じるかもしれませんが、下着メーカーの店員さんは慣れていますから、気兼ねなく測ってもらうことができますよ。

関連記事

ページ上部へ戻る