太ると胸が大きくなるというのは本当?

52d57b26bab0c6c2ff01bb6fa7f70588_s

バストが大きいと評判の芸能人やグラビアモデルが、バストが大きくなった理由を聞かれた時によく答えるのが「一度、かなり太ったらバストも大きくなった」ということです。「へぇ~」っと聞いてしまうものの、「本当かなぁ?」と疑問に感じる人も少なくないのではないでしょうか?本当かどうか試しみたいとは思うものの、バストアップのためにわざわざ太ってボディラインを変えるのは勇気がいることだったりします。その後、うまく痩せられるかも分からないですしね。

太ったらバストが大きくなるというようなことは本当にあるのでしょうか?

【太るとバストが大きくなるというのはウソでもない】

太るとバストが大きくなるというのは、根拠がない話ではありません。バストの約90%は脂肪でできているわけですから、ガリガリの人よりも少々ふくよかな人の方がバストに脂肪がつきやすい傾向にあります。実際に、太るとバストサイズが大きくなるという人もいます。ですから、太るとバストが大きくなるという話は根拠のないウソということではありません。

ただ、人によっては太っても「下半身には脂肪がつくのに、バストを含む上半身には脂肪があまりつかない」という人もいます。実際に、カラダは大きめだけど、バストはAカップという人も少なくはありません。

ですから、バストアップのためには単純に太れば良いという話ではないことも分かります。

【バストアップには乳腺の発達を助けるのが大切】

バストの約90%は脂肪でできていますが、残りの約10%は乳腺でできています。乳腺は、赤ちゃんのために母乳を作る大切な器官です。この乳腺が発達すると、大切な乳腺を守るために乳腺の周りに脂肪が集まってきます。そのため、自然とバストアップができるのです。

ですから、痩せているのにバストが大きいという人の場合は、乳腺が発達しているということがほとんどです。乳腺を発達させることができれば、無理して太ろうとしなくても自然とバストアップが可能になるワケです。

乳腺は女性ホルモンの分泌によって発達します。女性ホルモンは、日常生活の中でちょっと気を付けるだけで分泌量をアップさせることができます。女性ホルモンの分泌量をアップさせるためにできることには、次のようなものがあります。

・食生活の改善

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンを含む食品(大豆・豆腐、豆乳など)を積極的に摂ることや、バストの成長に欠かせないタンパク質を含む食品を多く摂るようにしましょう。無理なダイエットをすると、バストに必要な栄養分まで摂れないということも少なくありませんから、極端な食事制限が強いられるようなダイエットはオススメできません。

・乳腺を発達させるバストマッサージを習慣にする

乳腺はマッサージで刺激を与えることで発達します。最近では、いろんな乳腺マッサージの本やDVDなどが出ていますから、そういうものを参考に毎日の習慣にするのはオススメです。地道に続けていくと、確実にバストの変化を実感することができるはずです。

・質の良い睡眠

女性ホルモンは眠っている時に多く分泌されます。夜10時~朝2時までの間は、特に女性ホルモンの分泌が盛んになるんだそうです。ですから、できれば10時くらいには眠るようにしたいですが、無理な場合はできるだけ夜中の12時くらいまでには寝るようにしましょう。

【極端に体脂肪が少ない人は太る努力が必要】

これまでお話しましたように、太ることはバストアップにつながることがあるものの、太らないとバストアップができないというワケではありません。乳腺を発達させるために良い生活習慣を身に着けるだけでバストを大きくすることはできます。

しかし、極端に体脂肪が少ないという人の場合は、バストアップを目指すなら少し余分な肉をつけるために太る努力をすることをオススメします。バストの多くは脂肪なので、極端に体脂肪が少ないとバストにも脂肪がつかないですし、マッサージなどによって他の部位にある脂肪をバストに持ってくるということもできません。

ですから、バストアップのために太る必要はありませんが、極端に体脂肪が少ない人に限っては太る努力をすることが必要です。

関連記事

ページ上部へ戻る