バストアップクリームについての基本情報

「バストを大きくしたい!」そんな女性の願いを叶えるアイテムの1つとして販売されているのが、バストアップクリームです。ネットで検索すると、たくさんの種類のバストアップクリームがありますから、それだけ利用している人も多いということなのでしょう。

でも、実際に使用するとなると、「ホントに効果はあるのか疑問」とか「副作用などないのか心配」、「どんな種類があるのかよく分からないから選べない」などという理由からためらう人も少なくないようです。

ここでは、バストアップクリームの基本情報についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

【バストアップクリームって一体どんなクリーム?】

バストアップクリームは、名前のとおり「塗るだけでバストに外側から働きかけてバストアップを助ける」クリームです。バストアップクリームにはいろんな種類があります。

例えば、バストアップクリームといってもすべてがクリーム状なワケではありません。ジェルタイプのものもあれば、ローションタイプのものもあります。

また、バストアップクリームによっては、バストを大きくすることだけを目的としたものもあれば、バストをキレイに魅せるために美肌効果成分や美白効果成分を入れたものもあります。また、バストにハリやツヤを与えるための成分が入ったものもあります。

ですから、バストアップクリームで、「バストアップ」+「美白・美肌などのバストケア」ができるというわけです。

【バストアップクリームは効果があるってホント?】

では、バストアップクリームには本当に効果があるのでしょうか?

バストアップクリームには、バストアップ効果がある成分や、バストにハリ・ツヤを与えるのにいいとされている成分が入っています。多くのバストアップクリームに使用される成分としては、ボルフィリン・イソフラボン・プエラリア・コラーゲン・プラセンタ・ヒアルロン酸・コエンザイムQ10などがあります。それぞれの成分には次のような効果が期待できます。

・ボルフィリン(塗った部分の脂肪組織を分化させ、増殖させる働きがある)

・イソフラボン(女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを持つので、塗ることでバストに刺激を与えてバストアップ効果が期待できる)

・プエラリア(女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンが含まれている)

・コラーゲン(塗った部分の細胞を活性化させ、バストに弾力やハリを取り戻す)

・プラセンタ(美肌効果があり、塗った部分にハリ・ツヤを出す)

・ヒアルロン酸(保湿効果が高いので、塗ることで滑らかな肌に!)

・コエンザイムQ10(優れたアンチエイジング効果があり、バストにハリを与えてくれる)

実際に外側から塗ることで効果があるのかということですが、美肌効果・アンチエイジング効果は、通常のスキンケアと同様に効果が期待できるでしょう。バストアップ効果については、口コミを見ますと「効果があった」という人もいれば、「効果がなかった」という人もいます。自分のバストと相性のいいバストアップクリームを選べるかということと、正しい使用方法を守っているかということが、このような効果の違いにつながっていると思います。

【副作用はないの?】

バストアップクリームの副作用としては、不正出血や生理不順、ニキビ、肌荒れ、その他体調不良などがあります。ただ、このような副作用が出る人は多くはないようです。

バストアップクリームは、バストアップサプリなどと違って体内に取り入れるワケではないので、安全性は高いといえます。ですから、過度に副作用を心配する必要はありません。万が一、使用してみて副作用が出たという場合は、そのクリームの使用は中止しましょう。

【バストアップクリームはどうやって選んだらいい?】

バストアップクリームには、いろんな種類があります。せっかくなので、バストアップ効果だけでなく、美肌効果も期待できるようなものを選ぶと一石二鳥でオススメです。

選び方としては、人気のバストアップクリームをいくつかのサイトを通して絞り込み、口コミ評価をチェックして良い評価を得ているバストアップクリームを選ぶことです。

もちろん、値段や有効成分の種類や量についても確認しましょう。そして、まずは試しに1本購入して使い切ってみましょう。効果が実感できるようなら、リピート決定です!

関連記事

ページ上部へ戻る