クレセールを塗るだけでグラビア級のバストになれるってホント?

バストアップクリームにはたくさんの種類があって、どれを購入しようか悩み中という人は多いのではないでしょうか?バストアップクリームの人気ランキングに必ずといっていいほどランクインしているのが「クレセール(CRECER)」です。

クレセールは塗るだけで簡単にグラビア級の谷間バストになれるというのですから、気になりますよね。

ここでは、そんなクレセールの特徴・有効成分・口コミ情報をまとめてみました。ぜひ、バストアップクリーム選びの参考にしてくださいね。

【クレセールの特徴】

クレセールの一番の特徴は、濃度が一般的なバストクリームの2倍の濃さであるという点です。ですから、より早く効果を実感できるんだそうです。バストアップクリームには、塗ることでバストに脂肪を集めやすくするクリームや、塗ることで女性ホルモンのバランスを整えるために働きかけるものなどいろんな種類がありますが、クレセールは、バストを大きくする女性ホルモンの働きに注目して製品開発されたバストアップクリームです。

バストの1割は乳腺、残りの9割は脂肪でできています。この「乳腺:脂肪=1:9」という比率が基本なので、乳腺が増殖、もしくは発達すると、それに伴ってバストの脂肪も増えるというわけです。そして、この乳腺の発達に欠かせないのが女性ホルモンです。

しかし、女性ホルモンは、不規則な生活や血行不良などによって分泌が低下してしまいがちです。そうすると、乳腺は成長しにくくなってしまいます。

こういう点を踏まえて、クレセールには、女性ホルモンに似た成分をたっぷり配合されており、乳腺に働きかけることを可能にしました。ですから、効果的にバストアップができるクリームとして人気があるんです。

【クレセールに含まれている有効成分】

クレセールには、バストアップ効果を実感できるために、4大美乳成分を贅沢に配合しています。

<4大美乳成分>

・ワイルドヤム 

ハーブの一種で、根の部分に女性ホルモンのプロゲステロンの前駆物質が含まれています。クレセールには、このワイルドヤムを一般的なバストクリームの2倍量入れていますからそのため、バストに効果的に働きかけることができます。

大豆種子エキス

大豆エキスに含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることでよく知られています。また、イソフラボンには、女性ホルモンの量が少ない場合はそれを補い、逆に多い場合はそれを抑えてくれる働きがあるので、バストアップだけでなく乳がんや子宮がんなどの予防効果も期待できます。

プエラリアミリフィカ

プエラリアミリフィカは、多くのバストアップクリームに入っている代表的なバストアップ成分の1つです。プエラリアミリフィカには、エストロゲンに似た作用を持つ成分が含まれており、大豆イソフラボンの100倍ともいわれる強さで女性ホルモンを活性化させることができるのだそうです。また、美肌効果や美白効果もあり、バストアップ以外の効果も期待できます。

プラセンタ

馬由来のプラセンタ(胎盤)を配合しています。血行促進や女性ホルモンの分泌を促す効果があるので、乳腺の発達を促す作用もあります。

さらに、クレセールには、ヒアルロン酸やスクワラン、ビタミンC、ハチミツ、コラーゲン、ローヤルゼリーといった美容成分も配合されています。ですから、塗る度にバストにハリとツヤ感が出てきます!

【クレセールのホントの口コミ】

クレセールの気になる口コミ、良い評価と悪い評価、両方を集めてみましたので参考にしてみてください。

<良い口コミ評価>

「使い始めて一週間ですが、すでにバストにハリが出てきて、ふっくらとしてきました。ローズの香りもいいし、気に入っています。」

「卒乳後、バストがしぼんでしまったのですが、これでマッサージをするようになってから、少しハリが戻ってきました。まだ、始めたばかりなので、これからが楽しみです。」

「つけ心地も悪くないですし、つけてマッサージをするようになってから、全体的にバストにハリが出てきました。」

<悪い口コミ評価>

「個人差があるのでしょうか?私には特に変化がありませんでした。」

「一週間では特に変化がみられません。もう少し続けてみます。」

全体的に「バストにハリが出た」という評価は多かったです。「変化がなかった」という声も一部ありましたが、全体的に高評価なので、試してみる価値はあるバストアップクリームだと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る