ノンワイヤーブラとブラトップはバストが垂れる?

c59efe605bd060eeadfea759e5ff8d18_s

バストの形をキレイに保つには、「ブラの常用がマスト」といわれています。でも、ブラの締め付け感がキライとか、ブラをつけているとどうしてもリラックスできなくて……という人も中にはいるのではないでしょうか?

そういう人にとって、心強い味方が“ノンワイヤーブラ”やブラトップに代表される“カップ付インナー”です。しかし、ノンワイヤーブラやカップ付インナーの着用は「バストが垂れる原因」ともいわれています。

はたして真相はどうなのでしょうか?また、ノンワイヤーブラやブラトップはバストに悪いのでしょうか?調べてみました!

【ノンワイヤーブラはバストを垂れさせる!】

ワイヤーが入っていないので、圧迫感がなくてつけ心地が軽いノンワイヤーブラ。ノンワイヤーブラだと、バストが垂れるのかどうかというと、ワイヤー入りのブラよりは垂れやすいというのが答えです。

やはり、ノンワイヤーブラはワイヤーがないために、どうしてもバストが揺れやすくなってしまうんですよね。バストが揺れると、バストを支えるクーパー靭帯に損傷が起きやすくなりますから、バストは垂れやすくなってしまうんです。

ですから、バストの垂れ防止という点についていえば、ノンワイヤーブラはNGということになります。

【ブラトップもバスト垂れの原因に!】

ユニクロのブラトップが火付け役となって、人気が上昇しているのがカップ付キャミソールやカップ付タンクトップなどのカップ付インナーです。ブラと違って締め付け感がないことと、1枚でブラとインナーウェアの2役をしてくれるので便利なこと、さらに、ブラのストラップが見えないかなどと気にする必要もないことから人気があります。

ただ、ノンワイヤーブラ同様に、カップ付インナーもバストが垂れる原因となります。着用したことがある人なら分かると思いますが、カップ付インナーはホールド力の面ではかなり劣っています。バストをホールドしているというよりも、簡単に表現すればバストにカップをのせている感じですね。ですから、カップ付インナーを着ていても、バストはゆらゆら、自由に動いてしまいます。

そんなわけで、クーパー靭帯は伸びたり、傷ついたり、場合によっては切れることもあるんです。当然のことながら、バストは垂れてしまいます。

カップ付インナーの着用にはメリットも多いですが、バストの形状を保つためにはオススメはできないというのが実情です。

【ノンワイヤーブラとカップ付インナーの上手な活用方法】

ノンワイヤーブラとカップ付インナー、残念ながらどちらもバストを垂れる原因にはなります。しかし、どちらもノーブラよりはいいんです。

それで、TPOに合わせて上手に活用しましょう。

例えば、ノンワイヤーブラは家でゆっくりと過ごす休日用に活用するのはいかがでしょうか?激しい運動をしたり、何度も階段を上り下りしたりしなければ、オフの日はノンワイヤーブラでも十分バストをサポートできます。もちろん、外出時は、通常のワイヤー入りブラがオススメです。

最近は、ノンワイヤーブラ人気が高まっているので、ワイヤーなしでもしっかりとバストを支えるように設計されているものもありますので、そういうものを選ぶとちょっとした外出でもOKです。

ブラトップなどのカップ付インナーの場合は、仕事から帰ってシャワー後に着用したり、という感じで短時間使用するのはいかがでしょうか?ただ、カップ付インナーも、ピッタリサイズのものを選べば、バストの揺れを最小限に抑えることはできるので、そういうものを選ぶと家でゆっくりする日などは1日過ごすのもOKだと思います。

それで、カップ付インナーも、できれば試着して選ぶようにしましょう。選ぶ時には、ゆったりしたものよりも、カラダにぴったりとフィットするものの方がバストの揺れが抑えられますので、オススメです。また、アジャスターで肩ストラップの長さを調整できるものだとカップ部分がカパカパと動かないので、そういうものを選ぶようにしましょう。

 

ノンワイヤーブラとカップ付インナーにもメリットはありますから、絶対ダメというワケではなく、TPOに合わせて上手に活用していくようにしてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る