卒乳後バストがしぼむ理由と対処法

授乳中は、パンパンに張ったおっぱいだったのに、卒乳後にはみるみるとバストがしぼんでしまったー。そういう話は、よく聞きますよね。

そのため、妊娠中のママさんの中には、卒乳後にバストがしぼんでしまうのが心配という人が少なくないようです。

どうして卒乳後はバストがしぼんでしまうのでしょうか?また、しぼんでしまったバストを元に戻す方法はないのでしょうか?

こうした疑問に、ここではお答えしていきたいと思います。

【卒乳後にバストがしぼんでしまうワケ】

妊娠中は、人生でこんなに大きくなったのは初めてというくらい、バストは大きくなるものの、卒乳してしまうとバストはサイズダウンしてしまいます。しかも、小さくなるだけでなくて、ハリがなくなって垂れてしまうことがしばしばです。

どうしてバストにこのような変化が生じるかというと、それはホルモンの働きによります。

妊娠中は、赤ちゃんに必要な母乳を作るために乳汁分泌ホルモン「プロラクチン」が多く分泌されて、乳腺(赤ちゃんに必要なミルクを作る器官)が発達します。乳腺が発達すると、乳腺を守るために乳腺周りに脂肪がつきますから、バストは大きくなるんです。

しかし、卒乳後は母乳を作る必要がなくなりますので、プロラクチンの分泌量が減っていきます。そして、それに伴って乳腺は衰退するために、乳腺周りの脂肪量も減ってバストは小さくなります。つまり、バストはしぼんでしまうんですね。

また、妊娠・授乳中にパンパンに張ってしまったバストは、バストのクーパー靭帯にかなりの負担を与えています。クーパー靭帯とは、コラーゲンの繊維でできており、バストの土台である大胸筋にくっついてバストが下がらないようにしっかりと引き上げておく役目をするものです。

クーパー靭帯は、妊娠・授乳中の重いバストもしっかりと引き上げているのですが、バストの重みによって伸びてしまうということもしばしば起こります。伸び切ったクーパー靭帯は元には戻りませんから、バストのサイズがダウンしても伸びたままになってしまい、その結果、バストにハリがなくなり、バストは垂れてしまうんです。

卒乳後のバストがサイズダウンしたり、垂れてしまったりするのはこのような理由によるんですよ。

【しぼんでしまったバストのハリを戻す方法】

では、しぼんでしまったバストは元に戻らないのでしょうか?

卒乳後のバストでも、努力次第で元のバストに戻すことも、バストアップさせることも可能です。

ハリのなくなったバストをリフトアップするのに効果的なのが、バストアップマッサージです。バストの成長に直接関係する乳腺を刺激するバストアップマッサージを行なえば、女性ホルモンの分泌量が増えて、乳腺が発達し、バストサイズがアップします。

バストアップ効果のあるジェルやクリームをバストに塗った上で、お風呂上りにバストアップマッサージを行なうようにすれば効果は倍増するのでオススメです。

さらに、バストを育てるために気を付けてほしいのが、生活習慣です。夜10時から朝2時まではバストの成長に欠かせない女性ホルモンの分泌量が増える時間です。ですから、その時間にはなるべく休むように心がけてください。また、ストレスをためない、カラダを冷やさないこともバストの血流アップには欠かせません。

見過ごせないのが、食生活がバストに与える影響です。女性ホルモンと似た作用を持つイソフラボンを多く含んだ大豆や豆製品、また、バストアップに欠かせないタンパク質を多く含んだ“育乳食”を食べることを習慣づけたところ、自然とバストアップできたという人は少なくありません。ですから、育乳食を食べることを習慣づけるようにしましょう。

 

卒乳後のしぼんでしまったバストを見るとガッカリしてしまいますが、しっかりとケアを行なえば必ずバストは応えてくれるので、諦めずにバストアップケアを行なうようにしてくださいね!

関連記事

ページ上部へ戻る