食事でバストアップは本当に可能??

バストに関する悩みを持つ女性は少なくありませんが、その悩みでもダントツに多いのが、バストが小さいという悩みといいます。そのため、巷ではバストアップのためのエクササイズやマッサージ、バストアップクリーム、さらには育乳ブラなど、いろんなバストアップの方法が提唱されていますよね。食事によるバストアップ法もその1つです。食事でバストアップができれば一番ラクな気もしますが、果たして「食事でバストアップなんて本当にできるの?」と疑問に思う人も少なくないのではないでしょうか?

ここでは、多くの女性が抱く疑問、「食事でバストアップが可能なのか、それとも、不可能なのか」という点について解説していきたいと思います。

【食事でバストアップが可能といわれる理由は?】

そもそも、どうして食事でバストアップが可能といわれるのでしょうか?

バストの約9割は脂肪でできています。ですから、「バストが大きい=バスト内の脂肪量が多い」ともいえるわけです。もともとカラダに脂肪が付きやすいという人はバストもボリュームがあることが多いです。逆に痩せ型の人だと、バストが小さめということが多いのではないでしょうか?

しかし、中には「太りやすい体質だけど、バストは大きくない」という人や、痩せているけどバストは大きいという人もいますよね。どうしてそういうことが起こるかというと、それは乳腺が発達しているかどうかということが関係しています。

バスト内の乳腺が発達すると、それを守ろうとしてバストに脂肪が付きやすくなるんです。ですから、痩せているのにバストが大きいという人はこの乳腺が発達していることが多いんです。逆に、カラダには脂肪が付きやすいけど、バストにはあまり付かないという人は乳腺が発達していないことが多いんですよ。

乳腺は、女性ホルモンの分泌が盛んになることで発達します。ですから、女性ホルモンの分泌を促す食品を摂れば、乳腺が発達し、バストアップは可能ということなんです。

【バストアップが可能な食材とは?】

では、女性ホルモンの分泌を促し、バストアップを可能にしてくれる食材にはどんなものがあるのでしょうか?ここでは、代表的なものを1つずつ紹介したいと思います。

◆豆乳

大豆に含まれる「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることでよく知られています。ですから、定期的に大豆や豆乳や豆腐などの大豆製品を摂ることで乳腺の発達を促し、バストアップをすることができるわけです。よく「豆乳を飲んでいたら、バストがアップした!」というような声が聞かれますが、それは豆乳のイソフラボンが作用したと考えられます。

◆鶏肉

あまり知られていないかもしれませんが、タンパク質も女性ホルモンの分泌を促します。鶏肉にはタンパク質が多く含まれますので、脂質が低く高タンパク質の鶏肉はダイエット中でも積極的に摂ってバストの大きさキープを目指したいものです。

◆アボガド

アボガドには、「若返りのビタミン」として知られているビタミンEが豊富に含まれています。このビタミンE、実は女性ホルモンの分泌を活発にする働きもあります。

◆チーズ

チーズやヨーグルトなどの乳製品にも良質のタンパク質が豊富に含まれていますからバストアップ効果が期待できます。食べやすいように1つずつ個装されたチーズなら、毎日続けるのも苦になりませんよね。

◆キャベツ

有名なグラビアアイドルさんが、「キャベツでバストアップした」という話をしたのがきっかけで一時期注目されたキャベツですが、実際にバストアップ効果があるとされている食材です。というのが、キャベツに含まれるボロン(ホウ素)という成分には女性ホルモンの1つエストロゲンの分泌を高める効果があるからなんです。ですから、キャベツを大量に毎日食べ続けるとバストアップ効果が期待できます。

このように、バストアップに効果的な食材は身近なところにあります。創意工夫して、毎日定期的にこれらの食材を食べ続ければ、バストサイズが1~2カップアップも夢じゃないですよ!

関連記事

ページ上部へ戻る