バストアップサプリの種類

手っ取り早くバストアップできる方法としてよく紹介されるものの1つが、バストアップサプリです。バストアップサプリは、毎日運動をしたり、マッサージをしたりといった手間をかけることなく、サプリメントを飲むだけでバストアップすることができるというのですから、なかなか便利なものですよね。でも、バストアップサプリは「副作用がないかコワイ」とか「本当に効果があるのか疑問」という人、また「どれを選んだらいいのか分からない」という人もいると思います。

ここでは、そんな人のためにバストアップサプリについて解説していきたいと思います。

【バストアップサプリでバストが大きくなる理由とは?】

市販のバストアップサプリは、女性ホルモンに働きかけるようにできています。女性ホルモンには、エストロゲンプロゲステロンの2種類があり、バストアップサプリはそのどちらかの女性ホルモンの分泌を促すように働きかけます。

エストロゲンは、女性らしいカラダを作るよう働きかけるホルモンです。エストロゲンは、卵胞ホルモンとも呼ばれており、通常、月経後から排卵前までの時期に多く分泌されます。乳腺を刺激して乳腺細胞を増殖させるよう働きかけるので、エストロゲンが分泌されることでバストアップも可能になります。

プロゲステロンは、主に子宮に作用して妊娠や出産などに関わる女性ホルモンですが、エストロゲンによって増殖した乳腺を発達させる働きもあります。月経前に最も分泌量が増えるホルモンで、黄体ホルモンとも呼ばれています。よく月経前にバストが張ることがありますが、それはこのプロゲステロンの働きが大きく関わっていることによるんですよ。

ですから、バストアップにはエストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンが必要だということが分かります。市販のバストアップサプリは、このいずれかのホルモンに働きかけるようにできていますから、ストレスや食事制限など何らかの理由で女性ホルモンの分泌が十分でない人がサプリを摂ることで、バストをアップさせることは可能になります。

【バストアップサプリで副作用が起こるケースとは?】

市販のバストアップサプリはエストロゲンとプロゲステロンのどちらかの女性ホルモンに作用するように作られていますので、飲み方を間違えてしまうとホルモンバランスが崩れて吐き気や貧血、倦怠感、肌荒れ、生理不順などの副作用が生じることがあります。それで、必ずサプリに記載されている使用方法を守って飲むようにしましょう。

一般には、エストロゲンに働きかけるサプリは、卵胞期、つまり月経が終わってから排卵までの間の時期に飲むようにします。この時期は、基礎体温を付けると体温が低い状態が続く低温期でもあります。

それに対して、プロゲステロンに働きかけるサプリの場合は、黄体期、つまり排卵後から月経が始まるまでの間の10日前後の期間に飲むようにします。黄体期は排卵を起点に基礎体温が上昇していきますから、高温期と呼ばれています。

このように、バストアップサプリはその種類によって飲む用量も飲む時期も異なっていますから、よくよく注意しないと副作用が生じることになります。それで、必ず用量・用法は守って飲むようにしてくださいね。

【バストアップサプリの選び方】

まず、バストアップサプリを選ぶ際には、どんな成分がバストアップに効果的かを事前に調べるようにしましょう。その上で、口コミなどをもとに人気のバストアップサプリをいくつか比較してみるようにします。その際には、有効成分の含有量も比較しましょう。

バストアップサプリの効果は個人差があり、ある人には効果があったサプリが別の人にはそうでもないということがありますから、いろんな口コミを見てみることをお勧めします。

その上で、いいかなと思ったサプリを選び、まずは試してみるといいでしょう。体質的に合わないことや、慣れるまでに少し時間が必要ということもありますから、いくらディスカウントになるからといっても最初から大量に注文することだけはしないようにしてください。

そして、3ヶ月程度飲み続けてみましょう。早いサプリだと1ヶ月程度、遅くても3ヶ月で何らかの変化があるはずですので、もし3ヶ月で効果がないという場合は、他のサプリに変えてみる方がいいかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る